ケアフリーえどがわ 地域包括ケアねっと
トップページ 地域包括ケアとは 高齢社会の課題 よくある質問 利用及びリンク
区の紋章 江戸川区を知ろう
 江戸川区はどんな所!
 江戸川区の成り立ち
 地名の由来
 江戸川区まめ知識
 東京23区との比較
 関連施策の窓口機関
 区内「介護」事業所検索
 区内「医療」事業所検索
 江戸川区の季節行事
防災力を高めよう
 地域防災を考える
 区内の地域危険度ランク
 大地震を考える
 大震災の発生年表
 地震の揺れと建物倒壊
 風水害に備える
 災害持ちだし用具一覧
 防災まめ知識
医療福祉の知識向上
 認知症問題を考える
 高齢者虐待を考える
 医療福祉の関連制度
 地域包括支援センター
 高齢者の多い病気
 訴えから心配される病気
 血液検査の数値一覧
 標準的健康数値を知る
 医療に関する豆知識 
コミュニケーション促進
 季節の話題
 地方の名産・名所・偉人
 明治~平成の時代背景
 発語促進・口腔体操
 年齢早見表
 干支占い
 九星占い
 誕生石と花言葉
ケアマネジャー
実務支援サイト
ケアフリー



 血液検査の数値一覧表
ご利用者の、健康状態を確認するうえで血液検査でわかる数値結果は特に重要となります。
ここでは血液検査結果について「各数値の平均値」や「異常で心配される病気」、「検査の内容」を一覧表にしています。

※(活用上の注意点)
血液検査の値は、「年齢」、「性別」、「体重」、「体質」、「採血時の状態」などにより、大きな差が出てきます。
また検査機関や検査方法によっても、基準値に差が出る場合があります。 ご理解の上で、活用して下さい。
  ⇒1.血液数値の一覧 
   血液検査
   肝臓・すい臓機能検査
   肝胆道系の異状を検査
   腎臓
   通風
   血清・脂肪    
   肝炎
   糖尿病
   電解質・無機質検査
 ⇒2.病気で気になる血液数値
  糖尿病で気にする数値とは
  高血圧で気にする数値とは
  心臓病で気にする数値とは
  肝臓病で気にする数値とは
  腎臓病で気にする数値とは


1.血液数値一覧
 検査項目  基準範囲 単位 心配される病気 主な検査内容液学的検査 
 血液検査    
ヘモグロビ値
 (Hb)
男性 13~17
女性 11~16
g/dl 貧血 ヘモグロビンの量を検査
ヘマトクリット値
 (Ht)
男性 40~52
女性 34~46
  血液全体に占める赤血球の割合を検査
赤 血 球
 (RBC)
男性 
420万~550万
女性
350万~500万
㎜3   体内に酸素を運んでいる赤血球の数を調べる検査
白 血 球
 (WBC)
男性 
3900~9700
女性 
3500~9100
㎜3  感染症、出血、白血病 白血球の数を調べる検査
血 小 板
 (Plt)
12万~34万 ㎜3    止血の働きをする血小板の数を検査
血 液 像       白血球の種類・比率を顕微鏡にて形態視察したもの
血 沈 20 以下 ㎜/h  炎症性疾患、貧血  赤血球が1時間でどのくらい沈むかを測定
血 清 鉄
 (Fe)
男性 54~200
女性 48~154
 μg/dl 鉄欠乏性貧血、肝炎 血液中の鉄成分の量を検査
 肝臓・すい臓機能検査    
総蛋白
 (TP)
6.5~8.3 g/dl 栄養状態の悪化、腎疾患肝疾患 血中の蛋白質量を測定
総ビリルビン 
(T-Bil)
0.2~1.0  mg/dl 黄疸、胆道系の障害 肝臓で作られる胆汁の色素成分を測定
ZTT 
硫酸亜鉛混濁試験
4~12 膠原病、、慢性の肝疾患、骨髄の病気 膠質反応(コロイド反応)の試験
GOT 10~40 IU/l  心臓、肝臓の障害 肝臓の酵素を測定 
※アルコール・薬剤・肥満でも上昇する
GPT 5~40 IU/l 肝臓の障害 肝臓の酵素を測定
LDH 112~220 IU/l 肝炎、心筋梗塞、悪性腫瘍急性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝 肝硬変 障害のある臓器を特定するための検査
r-GTP 男性 70以下
女性 30以下
     
 肝胆道系の異状を検査
血清アミラーゼ
 (AMY)
60~180 IU/dl すい臓の障害
唾液腺の障害
すい臓や唾液腺の損傷程度を検査
 腎臓    
尿素窒素
 (BUN)
8~20 mg/dl 腎機能、腎不全 腎臓の機能低下の有無を判定
クレアチニン
 (Cr)
0.5~1.2 mg/dl    
 通風    
尿 酸
 (UA)
男性 3.7~7.6
女性 2.5~5.4
mg/dl 通風  尿酸値を測 ※アルコール・肥満・過食でも上昇する
 血清・脂肪    
総コレステロール 
 (T-cho)
120~220 mg/dl 動脈硬化、肥満 血中のコレステロールを測定
中性脂肪 
 (TG)
50~150 mg/dl 動脈硬化、糖尿病
脂肪肝
肝臓で作られる中性脂肪量を測定  
HDLコレステロール
 (善玉)
男性 40~85
女性 45~95
mg/dl 動脈硬化 中性脂肪が蛋白質と低比重で結びついたものを測定
LDLコレステロール
 (悪玉)
 65~140 mg/dl 動脈硬化 中性脂肪が蛋白質と高比重で結びついたものを測定
 肝炎    
HBS抗原 (-)   B型肝炎 B型肝炎ウイルスの有無を調べる検査
HCV抗体 (-)   C型肝炎  C型肝炎ウイルスの有無を調べる検査
 糖尿病    
空腹時血糖 
 (BS)
      
 70~110 mg/dl   糖尿病  血中の糖質量を測定
ヘモグロビンA1c
 (HbA1c)
 4.2~5.8 糖尿病 過去1ヶ月間の糖尿病の状態を反映する検査
※採血時の数値が安定していても、HbA1cが高値だと糖尿病の状態は良くないと考える
 電解質・無機質検査    
カリウム
 (K)
3.7~5.0 mEq/l 高カリウム血症
低カリウム血症
血清中のカリウム濃度を測定
ナトリウム 
 (Na)      
137~149 mEq/l 高ナトリウム血症
低ナトリウム血症
血清中のナトリウム濃度を測定
カルシウム
 (Ca)
8.4~10.2 mg/dl 高カルシウム血症
低カルシウム血症
血清中のカルシウム濃度を測定
クロール
 (Cl)
 100~110 mEq/l 高クロール血症
低クロール血症
血清中のクロール濃度を測定
マグネシウム
 (Mg)
1.3~1.9 mEq/l 腎臓疾患
甲状腺機能障害
血液中のマグネシウム濃度を測定
 血中酸素 (血液検査ではありませんが、参考として)      
酸素飽和度・
サチュレーション
 (SPO2)
96~100 肺炎、呼吸器疾患
心疾患
酸素濃度が90%を切ってしまうと、かなり危険。
※血中酸素濃度が70%台になると、人工呼吸が必要となり、最悪の場合死に至ることがあり
。 
⇒上に戻る

2.病気で気になる血液数値
糖尿病で気にする数値  「血糖」 「総コレステロール」
 「ZTT」 「各電解質数値」 など
高血圧で気にする数値  「総コレステロール」 「HDLコレステロール」
 「ZTT」 「尿酸」 など 
心臓病で気にする数値  「GOT」 「GPT」 「r-GTP」
 「HDL・LDHコレステロール」
 「尿酸」 「各電解質数値」 など
肝臓病で気にする数値  「GOT」 「GPT」 「r-GTP」 「ALP」
 「LDHコレステロール」 「ZTT」 「ビリルビン」
 「総蛋白」 「総コレステロール」 など
腎臓病で気にする数値  「尿素窒素」 「尿酸」 「クレアチニン」
 「アミラーゼ」 「各電解質数値」 など
⇒上に戻る
利用及びリンク    |   よくある質問   |   お問い合わせ   |   サイトマップ   |    リンク  
 Copyright (C) 2012 Carefree Corporation. All Rights Reserved