ケアフリーえどがわ 地域包括ケアねっと
トップページ 地域包括ケアとは 高齢社会の課題 よくある質問 利用及びリンク
区の紋章 江戸川区を知ろう
 江戸川区はどんな所!
 江戸川区の成り立ち
 地名の由来
 江戸川区まめ知識
 東京23区との比較
 関連施策の窓口機関
 区内「介護」事業所検索
 区内「医療」事業所検索
 江戸川区の季節行事
防災力を高めよう
 地域防災を考える
 区内の地域危険度ランク
 大地震を考える
 大震災の発生年表
 地震の揺れと建物倒壊
 風水害に備える
 災害持ちだし用具一覧
 防災まめ知識
医療福祉の知識向上
 認知症問題を考える
 高齢者虐待を考える
 医療福祉の関連制度
 地域包括支援センター
 高齢者の多い病気
 訴えから心配される病気
 血液検査の数値一覧
 標準的健康数値を知る
 医療に関する豆知識 
コミュニケーション促進
 季節の話題
 地方の名産・名所・偉人
 明治~平成の時代背景
 発語促進・口腔体操
 年齢早見表
 干支占い
 九星占い
 誕生石と花言葉
ケアマネジャー
実務支援サイト
ケアフリー

 高齢者虐待を考える
⇒1.虐待とはどのような行為か
⇒2.虐待を発見した場合の対応
⇒3.介護者心理も理解が必要
⇒4.統計から見る虐待の傾向
⇒5.関係機関、職種の役割として
⇒6.高齢者虐待に関する資料
 
 

 1.虐待とはどのような行為か 
   平成18年4月1日から「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援
  等に関する法律」、一般的にいう「高齢者虐待防止法」が施行されました。
  この法律で挙げられる高齢者虐待の定義は、「65歳以上の高齢者に対して
  養護者及び要介護施設従事者等によって行われる行為」とし、次の5つに
  分類して規程しています。 
 1.身体虐待 
 高齢者の体に外傷が生じ、または生じるおそれのある暴行を加える
  例) 平手打ちをする          
  例) つねる、殴る、蹴る
  例) 無理矢理に食事を口に入れる  
  例) やけどや打撲をさせる
  例) ベッドに縛り付ける       
  例) 身体拘束、抑制をする
  例) 意図的に薬を過剰服用させる
 2.介護・世話の放棄、放任
 高齢者を衰弱させるような著しい減食または長時間の放置、養護者
 以外の同居人による身体的虐待、心理的虐待、性的虐待と同様の
 行為の放置等、養護を著しく怠ること。
  例) 入浴しておらず異臭がする
  例) 髪が伸び放題で皮膚が汚れている
  例) 水分や食事を十分に与えられていない
  例) 食事を提供せずに、脱水や栄養失調の状態にある
  例) ゴミを放置する等、劣悪な住環境の中で生活させている
  例) 必要な介護・医療サービスを、理由なく制限または使わせない
 3. 心理的虐待
 高齢者に対する著しい暴言又は著しく拒絶的な対応、その他の高齢
 者に著しい心理的外傷を与える言動を行う事。
  例) 排泄の失敗を嘲笑する、人前で笑いものにする
  例) 怒鳴る、ののしる、悪口を言う
  例) 侮辱を込めて子供のように扱う
  例) 高齢者が話しかけているのを意図的に無視する
 4.性的虐待
 高齢者にわいせつな行為をすること、またはさせること。
  例) 懲罰的に下半身を裸にして放置する
  例) キス、性器への接触、セックスを強要する
 5. 経済的虐待
 高齢者の財産を不当に処分すること、その他高齢者から不当に財
 産上の利益を得ること。
  例) 日常生活に必要な金銭を渡さない、使わせない
  例) 土地建物など本人に無断で売却する
  例) 年金や預貯金を本人の意思・利益に反して使用する 
⇒上に戻る
  2.虐待を発見した場合の対応
  虐待を受けたと思われる高齢者を発見した場合、速やかに市区町
  村や地域包括支援センターに連絡(通報)が必要です。
 第五条 (高齢者虐待の早期発見等)
 1.養介護施設、病院、保健所その他高齢者の福祉に業務上
  関係のある団体および養介護施設従事者等、医師、保健師
  弁護士、その他高齢者の福祉に職務上関係のある者は、
  高齢者虐待を発見しやすい立場にあることを自覚し、高齢者
  虐待の早期発見に努めなければならない。
 
 2.前項に規定する者は、国および地方公共団体が講ずる高齢
  者虐待の防止のための啓発活動及び高齢者虐待を受けた
  高齢者の保護のための施策に協力するよう努めなければな
  らない。
 第七条  養護者による高齢者虐待に係る通報等
 1.養護者による高齢者虐待を受けたと思われる高齢者を発見
  した者は、当該高齢者の生命又は身体に重大な危険が生じ
  ている場合は、速やかに、これを市町村に通報しなければな
  らない。

 2.前項に定める場合のほか、養護者による高齢者虐待を受け
  たと思われる高齢者を発見した者は、速やかに、これを市町
  村に通報するよう努めなければならない。
⇒上に戻る

  3.介護者心理も理解が必要
 介護者の肉体的・精神的ストレスはとても大きい
 「何度も同じ失敗を繰返す」、「言ってもわかってもらえない…」、
 「徘徊で夜眠れない…」、「大事な物をなくす」、「暴言を言われる」
 など、中や関係なく自宅の中では問題が起こります。
 家族は気持ちの休まる暇もなく、肉体的にも精神的に追い込まれ
 そのストレスはとても大きものとなります。
 生活の中で限界まで追い込まれてしまうケースも少なくありません。
 病気による変化を認められない、認めたくない
 家族はどうしても元気だった頃の本人像と重ねてしまい、「何度も
 同じ事を聞くなよ!」、「まったく情けない!」など、認知症を受容
 できない場合も多くみられています。
 相談できない環境のなかで孤立する
 本人そして家族ともに外との交流に垣根を作ってしまい、誰にも
 相談できない状況が続き、いつの間にか近隣や社会から孤立
 していることがあります。
 終わりの見えないつらさ、不安がある
 認知症を始め、「介護」は終わりが見えません。
 「いつまでこの生活が続くのか…」、「この人の為に自分の時間が
 持てない」など、家族にしか分からないつらさがあります。
 皆さんに迷惑をかけてばかりで申し訳ないと感じる
 介護に熱心な方や、以前から物事に几帳面な介護者に見られ、
 「ヘルパーさんや介護スタッフの方に迷惑をかけ申し訳ない…」、
 「なんでこんなことが出来ないのか!」と、教育(?)の意味で叩か
 れていることがあります。
⇒上に戻る

 4.統計から見る虐待の傾向

~東京都~高齢者虐待の状況~
 平成21年度と平成22年度とを比較すると、高齢者虐待の相談・通報
 件数、虐待判断件数は、養介護施設従事者等によるもの及び養護者
 によるもののいずれも増加しています。
 
 養護者による高齢者虐待を種類別に見ると、身体的虐待が58.1%で
 最も多く、次いで心理的虐待が39.2%、介護等放棄が31.0%、経済的
 虐待が23.8%と続いています。
 「東京都高齢者保健福祉計画(平成24年度~平成26年度)」より

 ~「東京都高齢者虐待事例情報調査の結果について」~
 参考までに東京都の虐待調査では下記のような結果がでております。
 キーとなる部分を抽出すると、
 ①被害者は「女性」が多い ②70歳以上の「高齢」ケースが多
 ③「認知症」の割合が高い ④虐待は「実の息子」が4割以上
 ⑤5割が「主介護者」による ⑥「本人・単身の子供」の世帯に多い 
 以上から、
 「息子と二人暮らしの高齢者世帯で、認知症の母の介護をしている方」
 が利用者の中にいたならば、統計上では虐待リスクが高いということ
 になります。(あくまでも数値上ですので、参考程度に。) 
   ⇒東京都高齢者虐待事例情報調査の結果について(PDF)
●虐待被害者の属性
男性 …20.4% 
女性 …79.1%
無回答…0.4%

●虐待被害者の年齢
80歳代 …40.9%
70歳代 …38.5%
90歳代 …11.0%
60歳代 … 9.0%
不明   … 0.6%

●虐待被害者の要介護度
未申請  …15.7%
要介護1 …15.7%
要介護2 …12.0%
要介護3 …15.7%
要介護4 …15.5%
要介護5 …10.1%

●虐待被害者の認知症の有無
認知症があり、介護が必要  …46.2%
認知症があるが、ほぼ自立 …10.5%
認知症の疑いあり       …12.7%
認知症はなし          …25.2%
不明                … 4.7%

●虐待者の属性
配偶者   …20.6%
実の息子  …42.2%
実の娘   …19.8%
義理の娘  …7.5%
義理の息子 …1.1%
孫      …2.4%

●虐待者の介護の関わり
主介護者  …54.4%
副介護者  …9.9%
介護には関わってない…20.2%
介護されていない(自立)…13.1%

●世帯の状況
本人と単身の子ども    …32.7%
夫婦のみ           …16.6%
夫婦と既婚の子どもと孫 …10.5%
夫婦と既婚の子ども    …10.3%
夫婦と単身の子供     …9.5%
一人暮らし          …7.1%
●虐待の種類
身体的な虐待     …48.2%
介護放棄        …27.7%
心理的な虐待     …14.6%
経済的な虐待     …8.8%
性的な虐待        … 0%

●虐待者の自覚の有無
自覚なし     …45.2%
自覚あり     …25.4%
不明       …26.0%
無回答      …3.4%

●虐待の理由
認知症による言動の混乱  …37.8%
身体的自立度の低下    …37.2%
本人の性格や人格      …27.1%
本人の嗜好や癖など     …4.5%
虐待者の性格や人格    …58.9%
虐待者の障害や疾患、依存…33.5%
周囲の無理解・非協力    …14.6%
介護疲れ            …27.1%
介護知識、情報の不足    …21.9%
これまでの人間関係      …45.4%
経済的困窮           …28.4%
介護サービスの不適合    …1.3%

●発見者のきっかけ
ケアマネジャーからの連絡…31.8%
本人からの申告       …20.9%
家族などからの申告    …15.5%
近隣住民からの連絡    …9.9%
ホームヘルパーからの連絡…9.2%
医療関係者からの連絡   …90.%
民生委員からの連絡     …8.2%
介護保険事業者からの連絡…7.7%
虐待者からの申告      …7.5%




  虐待問題…。
⇒上に戻る

 5.関係機関、職種の役割として
機関名  主な業務、高齢者虐待対応における役割
地域包括
支援センター
 地域の高齢者の心身の健康の維持、保健・福祉・
 医療の向上、生活の安定のために必要な援助、
 支援を包括的に行う中核機関。
 高齢者虐待防止ネットワークの中核を担う。
在宅介護
支援センター
 在宅の高齢者や家族に対する総合的相談
福祉事務所  生活保護の実施を始めとする福祉の総合的窓口。
保健所
保健センター
 ○地域住民を対象に、健康の保持・増進のための
  保健指導、療養上の相談、社会復帰への支援等
  主に保健・医療上の相談・保健指導を行う。
  具体的には以下のとおり。
  ・妊産婦・乳幼児から高齢者まで全住民に対する
   健康相談
  ・精神保健福祉相談(認知症やアルコールなどの
   依存症も含む。)
  ・難病患者や重症心身障害児・者の療養支援
  ・結核・感染症対策など
 ○保健師による相談、必要に応じて専門医相談
精神保健
福祉センター
 ①精神保健福祉相談
  心の健康から精神医療に係る相談やアルコール、
  薬物、思春期等の特定相談を含め精神保健福祉
  全般の相談を、保健所、区市町村などとの連携を
  図りながら実施。
 ②教育研修
  地域の精神保健福祉をになう関係機関職員の、
  精神保健福祉に関する知識および技術の向上、
  円滑な連携を図るために実施。
 ③高齢者精神医療相談班事業
介護事業者
及び
ケアマネジャー
 ○サービス提供を通じて、虐待の予防・早期発見・
  状況確認
 ○措置質の高いサービス提供による介護負担の
  軽減
 ○やむを得ない事由の措置に基づくサービス提供
社会福祉
協議会
 地域福祉権利擁護事業その他各種相談
医師・医療機関  診察等を通じた虐待の発見や緊急性の判断
民生委員
自治会・町内会
老人クラブなど
 虐待の早期発見、見守り
 団体内における理解促進
家族の会  同じ悩みを持つ介護者との情報交換等の場
弁護士
弁護士会
 人権問題や個人情報、その他法的課題について
 専門的見地からの助言
精神科医
臨床心理士
 精神疾患に関する対応、家族問題の悩みなどの
 相談、専門的見地からの助言
警察署
(生活安全課)
 犯罪性が疑われる場合の対応や、立入調査時の
 援助
消防署救急  消費生活センター消費生活問題に係る情報提供、
 相談・対応
東京都女性
相談センター
東京ウィメンズ
プラザ
 配偶者間暴力等について、相談・助言・指導等
 ・配偶者暴力防止法に基づいて、都が設置する
  配偶者暴力相談支援センター
子ども家庭
支援センター
児童相談所
 虐待が子どもにも影響を及ぼすような場合に連携
 ・子ども家庭支援センターは、区市町村が設置
 ・児童相談所は都が設置
⇒上に戻る

 6.高齢者虐待に関する資料
⇒参考法例まとめ(PDF)
・高齢者虐待防止法(平成十七年十一月九日法律第百二十四号)
・老人福祉法、老人福祉法施行令、老人福祉法施行規則(抜粋)
・「やむを得ない事由による措置」に係る各種通知
・介護保険法(抜粋)
・民法(後見の抜粋)

⇒東京都福祉保健局「高齢者虐待対応マニュアル」
 はじめに(PDF)
 目次(PDF)
 第1章 高齢者虐待とは(PDF)
 第2章 高齢者虐待対応の仕組みの構築について(PDF)
 第3章 高齢者虐待への対応の基本姿勢と留意事項(PDF)
 第4章 高齢者虐待事例への対応の基本的な流れとポイント(PDF)
 第5章 やむを得ない事由による措置の活用について(PDF)
 第6章 成年後見制度の活用について(PDF)

⇒東京都高齢者虐待事例情報調査の結果について(PDF)

⇒東京都福祉保健局 「高齢者虐待防止と権利擁護」

【虐待防止啓発パンフレット】
高齢者虐待防止と権利擁護
「いつまでも自分らしく安心して暮らし続けるために」
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。


利用及びリンク    |   よくある質問   |   お問い合わせ   |   サイトマップ   |    リンク  
 Copyright (C) 2012 Carefree Corporation. All Rights Reserved