ケアフリーえどがわ 地域包括ケアねっと
トップページ 地域包括ケアとは 高齢社会の課題 よくある質問 利用及びリンク
区の紋章 江戸川区を知ろう
 江戸川区はどんな所!
 江戸川区の成り立ち
 地名の由来
 江戸川区まめ知識
 東京23区との比較
 関連施策の窓口機関
 区内「介護」事業所検索
 区内「医療」事業所検索
 江戸川区の季節行事
防災力を高めよう
 地域防災を考える
 区内の地域危険度ランク
 大地震を考える
 大震災の発生年表
 地震の揺れと建物倒壊
 風水害に備える
 災害持ちだし用具一覧
 防災まめ知識
医療福祉の知識向上
 認知症問題を考える
 高齢者虐待を考える
 医療福祉の関連制度
 地域包括支援センター
 高齢者の多い病気
 訴えから心配される病気
 血液検査の数値一覧
 標準的健康数値を知る
 医療に関する豆知識 
コミュニケーション促進
 季節の話題
 地方の名産・名所・偉人
 明治~平成の時代背景
 発語促進・口腔体操
 年齢早見表
 干支占い
 九星占い
 誕生石と花言葉
ケアマネジャー
実務支援サイト
ケアフリー



   地域防災・まめ知識!
⇒1.住宅金融公庫の融資住宅は安全性が高いってホント!?
⇒2.ガソリンスタンドは安全なのか…!?
⇒3.マグニチュードと震度はどう違うの…?
⇒4.東京湾に大津波は来るのか…?!
⇒5.江戸川区は「0m地域」…!?
⇒6.避難場所、避難所、広域避難場所?その違いは…!?
⇒7.防災公園とは…?
⇒8.江戸川区の避難場所に指定されている公園
⇒9.災害時、連絡手段の裏技?…!
⇒10.江戸川区の防災について、きっちり確認したい時には!
 
 1.住宅金融公庫の融資を受けた住宅は地震
  の安全性が高いってホント…?
 公庫の設計基準には、木造在来、ツーバイフォー、プレハブと、それぞれの工法に応じた設計基準があり、それをクリアしていれば、たとえ震度7の地震が来たとしても、家屋が崩壊する事はないと言われています。
 住宅金融公庫の木造住宅工事共通仕様書という冊子には、建物に対するとても厳しい耐震基準が設けられています。
 しかも融資を受けるためには設計審査・施工審査・中間審査といった、細かなチェックも受けなければなりません。
 そうしたことからも、住宅金融公庫の融資を受けた住宅は、とても高い安全性を持っていると考えられます。
※(住宅金融公庫は、現在は「住宅金融支援機構」と名前が変わっています。)
 ⇒上に戻る

 2.ガソリンスタンドは安全なのか…!?
 大きな地震が発生した場合、危険物を多量に保管しているガソリンスタンドは安全なのでしょうか…。 外国映画などを見ていると、爆発・炎上といったシーンもあるため心配です。
そこで調べたところ、こんなことが分かりました。
 「大震災サバイバルマニュアル」 朝日新聞社編より
 「ガソリンスタンドが一軒も焼けなかった理由」
 火災で家屋が大きな被害を受けた神戸市長田区は、靴製造の下請けゴム工場が多数集まったエリアだ。引火してはじけ散ったゴムが次々に類焼火災を引き起こし、一面は焼け野原と化した。
しかし、そんな激しい火災にもかかわらず、この地区のガソリンスタンドは焼けず倒壊もしなかった。
兵庫県石油協同組合の調べでも、今回の地震で火災が発生したり延焼したガソリンスタンドは一つも確認されていないという。
 ガソリンスタンドは引火性の強い火種を大量に地下に抱えている。 だから、存在そのものが非常に危険なものの一つではなかったのか?
いったいガソリンスタンドはどんな構造をしており、なぜ大地震の被害から免れることができたのだろう。
 ガソリンスタンド業界の関係者によると、日本はもともと地震国であるため、他国に比べても消防法の規制が特に厳しい。
まず、ガソリン等を貯蔵するために地下に埋めてあるタンクは、外郭に防水・防腐に優れた素材をつかい、その内側に鋼製のタンクを納めるという二重構造になっているのが特徴。
そしてのこのタンクを動かなくする為、底に枕木を渡し両サイドを鉄のバンドで固定している。これだけでもかなり強固なのに、さらに錆を防ぐ良質の山砂でタンクを埋めている。地下の貯蔵状態は非常に安定しており、地下水もわき出ない。
 それでも何か異常が発生した場合には、タンク内に設置された24時間体制の自動センサーが作動する仕組みになっている。 (途中省略)
まず、構造的にみてガソリンスタンドから火が出るということは考えられないという。
 ⇒上に戻る

 3.マグニチュードと震度はどう違うの…?
 地震の大きさを表現する指標は主に2つあります。
 「マグニチュード」は地震が持つエネルギーの量を表す指標で、地震ごとに毎回ひとつの値が出され、マグニチュードが1大きくなるとエネルギーは約32倍2大きくなるとなんと1000倍にもなります。
人類の観測史上もっとも大きな地震、つまりマグニチュードが最も大きかったのは、1960年のチリ地震といわれています。 
 これに対して「震度」は、観測点ごとに発表されるため毎回多数出ることになります。 地表の各地点での揺れの大きさを表す指標となります。
 「震度○の地震」という場合の震度は、その地震により各地で観測されたものの中で「最大の震度」のことを指しています。
 ⇒上に戻る

 4.東京湾に大津波は来るのか…?!
 東日本大震災は過去最悪の津波地震となりました。 以前は津波の恐怖などは考えもしませんでしたが、今回の大震災を通し、その恐ろしさを考えさせられました。
今後、東海地震や直下型地震が起こる可能性はさらに高まり、いつ発生してもおかしくない状況になっています。 そうした時、この津波が東京に襲来したらどうなってしまうのだろうかと不安に感じました。 そこで、いろいろな本や資料を見たところ、こんな内容のものを発見しました! 以下、内容を抜粋し紹介いたします。
「東海地震に係る被害想定結果について」
内閣府 中央防災会議(平成15年3月18日)より抜粋
資料の12ページ図2にある、「津波波高分布」を確認。…東海地震を想定した資料になりますが、ここでは、駿河湾沖でM8の地震が発生した場合の津波予測が図で示されています。この図で見るかぎり、東京湾内の津波高さは、「0~1m」程となっています。
「大地震サバイバル・マニュアル」
 朝日新聞社編より引用)
「東京湾を大津波が襲う可能性はあるか」
 ~人口の過密する東京圏で、もし東京湾を大津波が襲った場合、逃げおくれた人に計り知れない犠牲がでることも考えられる。はたして、そんな事態は考えられるのだろうか?気象庁地震防災係に話を聞いた。
 日本の太平洋側では、南から延びているフィリピンプレート海プレートと北側にあるユーラシアプレートがぶつかりあい、その下に太平洋プレートがもぐりこんでいる。
 1923年の関東大地震は、フィリピン海プレートが相模湾の下に潜り込んだときのひずみが起こしたものなんです。 いずれ、関東地方を襲う大地震も、この3つのプレートの境界線近くで発生するものと考えられています。
 ところが、そうなると、震源が深い。 例えば、震源が30キロだとすると、海底に伝わる揺れはかなり弱まるため、津波の心配は少ないでしょう。 万が一東京湾に津波が押し寄せたとしても、湾の入り口(浦賀水道)が狭いですから、そこで絞られてしまう。 
関東大地震の際も、晴海で観測された津波は、潮の満ち干程度でした。 ただし観音崎あたりまでは、波の高さは弱まらないので注意が必要です。
 だが今回の阪神大震災のように、震源が浅いケースも考えられなくないはずだ。もし、東京湾の真ん中で震源の浅い大地震が発生した場合、どうなるのだろうか?
 「津波は、海底が振動することによって起こるわけです。仮に海底が隆起したとするとその上の海水が持ち上げられ津波が発生する。 従って、海底が深いほどエネルギーは大きくなるんですね。 ところが、東京湾は深いところで、せいぜい50~60mです。
たとえ、湾の中で直下型の大地震が起きても、その程度の深さでは津波の心配はありません」(地震防災係)
 ⇒上に戻る

 5.江戸川区は「0m地域」…!?
 新中川に面した団地から、ふと川を眺めると、ちょっとした違和感を感じました。 よく見ると、川の水面よりも住宅街のある地面のほうが低いような気がします! 
これは目の錯覚なのでしょうか…?
不安に感じたため、資料やインターネット等で調べてみると、私の目の間違いでなく、「江戸川区の地面は低い!」と言う結果でした。 これは、長年の地盤沈下などが強く影響しているようです。 
 特に、小松川から平井にかけては、0mというよりも、マイナス2~4mの地域。つまり水面よりもずっと下に位置していることになります。それこそ堤防がなければ、海に沈んでしまうということになります。
江戸川区は、大きな河川に囲まれた地域であり、また下の図のように地盤が低いという事実もあります。 地震や火災だけではなく、「高潮・洪水」といった水害に対しても備えが必要ではないでしょうか。
 江戸川区のほうでも水害対策については充分に考えてくれており、排水関係の整備はほぼ完了しているようです。
あとは区民一人ひとりが、水害への知識を持ち、長靴・スコップ・土嚢等の災害準備、ドブや排水溝のこまめな掃除を行うなどが大切ではないかと思います。
 ⇒上に戻る

 6.避難場所や避難所、広域避難場所…。
  その違いは何なのか…?
(一次避難場所)
避難場所へ避難する前に、近隣者が一時的に集合する場所で、学校のグランドや神社・仏閣の境内、近隣の公園となる場合が多い。
(避難所)
家屋の倒壊・焼失等で被害を受けた方たちを一時的に受入れ、保護するために開設された場所のことで、学校や公民館などのことをいう。
 ※(二次避難所)
 自宅や避難所での生活が困難となった、介護など のサービスが必要となった方を保護する場所で、「福祉避難所」とも言われる。
(広域避難場所)
火災や延焼や、その他の危険から生命を保護するために必要な面積のある場所で、大規模な公園や緑地帯などをさす。
(帰宅支援ステーション)
災害発生により帰宅困難となったかたは、徒歩で自宅まで帰らなければなりません。東京都では、このような方のために帰宅支援道路を指定し、帰宅支援ステーションを設置するとしています。
帰宅支援ステーションとなるのは、帰宅支援道路から半径2km以内の都立学校が基本で、その他にも、コンビニや一部のファミリーレストラン、ガソリンスタンドなども支援所として整備することとしています。こうした場所では、水・食料・トイレ、休息場所や情報などの提供が行われることになっています。
 ※「大地震 死んではいけない!」講談社 より引用
 ⇒上に戻る

. 7.防災公園とは…?
東京都の総合的な防災計画である「地域防災計画」では、都立公園54ヶ所が「避難場所」とされているほか、26ヶ所が「活動拠点」とされています。
 東京都の所管する公園ではこれらを「防災公園」と呼んでいます。
 防災公園では、災害対応トイレや太陽光発電を活用した照明施設、大型緊急車両の通行を想定した園路など、施設にいろいろな工夫をしています。
 また活動拠点に指定されている野球場や陸上競技場等は、ヘリコプターの離着陸を想定しています。

江戸川区では、「篠崎公園」と「葛西臨海公園」の二つが防災公園として指定されています。
 ⇒上に戻る

 8.避難場所に指定されている公園

【区部】     
・浜離宮恩賜庭園 ・芝公園 ・青山公園 ・戸山公園 ・明治公園
・小石川後楽園 ・六義園 ・東白鬚公園 ・猿江恩賜公園 ・清澄庭園
・亀戸中央公園 ・木場公園 ・大島小松川公園 ・林試の森公園 ・蘆花恒春園
・砧公園 ・祖師谷公園 ・代々木公園 ・善福寺公園 ・和田堀公園
・尾久の原公園 ・汐入公園 ・城北中央公園 ・浮間公園 ・赤塚公園
・石神井公園 ・光が丘公園 ・大泉中央公園 ・東綾瀬公園 ・舎人公園
・中川公園 ・水元公園 ・篠崎公園 ・葛西臨海公園 ・宇喜田公園
【多摩部】    
・陵南公園 ・小宮公園 ・武蔵野中央公園 ・武蔵野公園 ・府中の森公園
・野川公園 ・武蔵野の森公園 ・小金井公園 ・東村山中央公園 ・武蔵国分寺公園
・東大和南公園  ・六仙公園 ・桜ヶ丘公園    

(活動拠点に指定されている公園) 
活動拠点には、発災直後の救出救助活動のため、自衛隊、警察、消防等の部隊のベースキャンプとして活用する「大規模救出・救助活動拠点」や、重篤患者の搬送や医療物資等を輸送するための「医療機関近接ヘリコプター緊急離着陸場」などがあります。    
【区部】     
・日比谷公園 ・芝公園 ・亀戸中央公園 ・木場公園 ・大島小松川公園
・砧公園 ・祖師谷公園 ・代々木公園 ・和田堀公園 ・城北中央公園
・赤塚公園 ・石神井公園 ・光が丘公園 ・東綾瀬公園 ・舎人公園
・水元公園  ・篠崎公園 ・葛西臨海公園
【多摩部】 
・武蔵野中央公園  ・武蔵野の森公園  ・小金井公園  ・東大和南公園   

 ⇒上に戻る

 9.災害時、連絡手段の裏技?…!

災害時はさまざまな理由で、情報がストップしてしまうので連絡体制を確保することは苦労します。こうした場合に連絡が取れる方法はなにかないのでしょうか…。
そこで、雑誌やネットなどで対策を調べてみましたので、皆様にも報告いたします!
①地震発生の直後5分くらいであれば、電話は比較的かかりやすい。 
大地震などでは、緊急通報を確保するため家庭や事業所におかれる固定電話は「発信規制」が、また携帯電話においては過負荷によるシステムダウンを回避するために「通話規制」が敷かれていきます。
したがって、これら「発信規制」や「通信規制」がなされる前であれば、比較的かかりやすと考えられます。
②場所を移動して、電話をかけなおす。
地震の影響で、最寄のアンテナ基地局の機能が停止していることもあります。 
その場合、始め電話をかけた場所から移動して、再度ダイヤルすると、電波を中継する基地局が変わることがあるため、つながる場合があります。
③公衆電話から連絡する!
公衆電話は大きな災害が発生すると、「災害時優先電話」という扱いになります! 家の電話や携帯電話よりも優先的に通話できるようになっています。
料金もかからず無料となりますが、10円硬貨を始めに投入することが必要です。(10円は終了後に戻ってきます。) 停電中の場合は、テレホンカードや100円硬貨の使用は出来なくなりますので、「10円玉」の準備は必須といえます!
④災害用伝言ダイヤル「171」を利用する!
災害用伝言ダイヤル「171」は、音声案内にしたがって伝言の「録音」と「再生」が簡単に行えます。
1件30秒ほど録音が可能で、48時間保存されます。 蓄積伝言は災害規模にもよりますが最大10件までに制限される可能性もあります。
基本的に災害時の活用となるため、実際に「171」ダイヤルを使用した方は少ないのではないでしょうか。
もし防災対策として一度利用したいという方は、
 ⇒①「毎月1日」、
 ⇒②「防災週間(8/30~9/5)」、
 ⇒③「防災とボランティア週間(1/15~1/21)」
ならば使用できますので、ぜひお試し下さい。 
⑤コレクトコール「106」で連絡する。
※(通話料と接続料が相手払いとなるシステム)
コレクトコールは、相手側に料金負担がかかるというマイナスイメージはあるものの、オペレーターを通して通信する特殊な回線となります。 実際のところ、通信規制はされるようですが、一般の電話よりはかかりやすいという話です。
⑥遠方の知人に仲介をしてもらいながら連絡する。
発信・通話規制後は、「被災地から被災地」への連絡は非常に困難となるはずです。 そのための対策として、遠方(他県)の知人などから電話してもらうということも方法の一つです。 
被災地側の通信規制はあるものの、遠方の基地局に通信規制が無ければ、比較的かかりやすいと言われています。 普段から、遠方の親族や知人などに、「災害時の連絡拠点」となってもらえるように伝えておくと便利です。
⑦玄関扉などに伝言メモや連絡ノートを設置し、情報交換手段を作る!
災害時は電話連絡がつかないことも問題ですが、帰宅や訪問したときに誰もおらず、またどこに行ったのかわからないということも大きな問題です。
現に今回の災害では、独居高齢者や高齢者世帯のかた等では、「避難所や近隣者・親族宅への一時避難」も多くみられています。
当日の安否確認はできたものの、その後に行方不明となってしまい、「連絡つかずに、どうしたら良いのか非常に困った…。」という話も聞かれました。
そうしたトラブルを防止するためにも、普段の訪問時から「災害がおきた場合には玄関扉へ張り紙を!」と依頼するなど、情報交換手段を確保しておく必要があります。
最低でも、「どこに誰と避難をしているのか」、「避難した時間」、「連絡方法」などがメモに書かれていれば助かります。
また、ケアマネジャーが安否確認訪問したときにも同様に、メモなどで「訪問時間」と「訪問内容」、「連絡先」を伝えたほうが良いと思います。
気をつけよう!受話器外れ

大きな地震の後は、電話の受話器が外れてしまうことがあります。 

気づかないでいると、その後の連絡がとれなくなる等、支障が出てきます。日頃の訪問時や、安否確認に行ったときに、『地震のあとは、受話器確認をして下さいね。』と説明しておくと、こういったことも予防できるかもしれません。

 ⇒上に戻る

 10.江戸川区の防災について、きっちり確認
   したい時には!
  大災害が発生したときに、江戸川区がどのような防災体制をとるのかを知っておくと安心感が増します。厚い資料になりますが、一度見ておくと良いと思います。
  ⇒江戸川区「江戸川区地域防災計画(平成24年度修正)」
 ⇒上に戻る


利用及びリンク    |   よくある質問   |   お問い合わせ   |   サイトマップ   |    リンク  
 Copyright (C) 2012 Carefree Corporation. All Rights Reserved