ケアフリーえどがわ 地域包括ケアねっと
トップページ 地域包括ケアとは 高齢社会の課題 よくある質問 利用及びリンク
区の紋章 江戸川区を知ろう
 江戸川区はどんな所!
 江戸川区の成り立ち
 地名の由来
 江戸川区まめ知識
 東京23区との比較
 関連施策の窓口機関
 区内「介護」事業所検索
 区内「医療」事業所検索
 江戸川区の季節行事
防災力を高めよう
 地域防災を考える
 区内の地域危険度ランク
 大地震を考える
 大震災の発生年表
 地震の揺れと建物倒壊
 風水害に備える
 災害持ちだし用具一覧
 防災まめ知識
医療福祉の知識向上
 認知症問題を考える
 高齢者虐待を考える
 医療福祉の関連制度
 地域包括支援センター
 高齢者の多い病気
 訴えから心配される病気
 血液検査の数値一覧
 標準的健康数値を知る
 医療に関する豆知識 
コミュニケーション促進
 季節の話題
 地方の名産・名所・偉人
 明治~平成の時代背景
 発語促進・口腔体操
 年齢早見表
 干支占い
 九星占い
 誕生石と花言葉
ケアマネジャー
実務支援サイト
ケアフリー

  区の紋章地域防災を考えよう!
 災害に対する考えを深めることは、江戸川区に限らず大切なことです。
災害が発生した場合には「自助」と「共助」、つまり「自分で」できる範囲の負傷の手当てや復旧を行うとともに、「コミュニティの中で」助け合うという考え方が重要となってきます。
 頼るべきは優先順位は、まず自分自身であり、次に地域コミュニティー、そして国や行政がその支援を行うといったもの。
  災害時に助け合う人々のイラスト
 この考えは地域包括ケアシステムの考えにとても似ており、参考にすべき共通点も数多くあります。ここでは防災意識向上に加え、地域包括ケアシステムの構築のヒントを模索したいと思います。
 ⇒1.災害にはどのようなものがあるかを考えよう
 ⇒2.災害時要援護者への支援を考えよう!
 ⇒3.支援者として平常時から準備しておく心構え
 ⇒4.防災に関する各種資料の倉庫

 1.災害にはどのようなものがあるかを考えよう 

  ①地震被害 
  建物倒壊  大規模火災  液状化  津波  地割れ  土石流
  がけ崩れ  地滑り
  (大規模停電  ライフライン停止  交通機能マヒ  ガソリン不足) 

  ②風水害 
  台風  高潮  高波  集中豪雨  ゲリラ豪雨  竜巻  浸水  雷
  ダム・堤防の決壊  洪水  鉄砲水  土砂崩れ  土石流  がけ崩れ
  地滑り
  (大規模停電  ライフライン停止  交通機能マヒ  ガソリン不足)
 ⇒「高潮」とは、台風等の発達低気圧の影響で海面が上昇。陸地に水が流れ込む現象
 ⇒「高波」とは、台風等で高い波が押し寄せ、海水が陸地にまで入ってくる現象高潮 

  ③雪害
  大雪  吹雪  雪崩  路面凍結
  (大規模停電  ライフライン停止  交通機能マヒ  ガソリン不足) 

  ④火山噴火
  火砕流  溶岩流  火山灰の降灰  火山弾  太陽光遮断  
  (大規模停電  ライフライン停止  交通機能マヒ  ガソリン不足)

  ⑤異常気象
  高温  低温  干ばつ  日照不足

  ⑥生物災害
  パンデミック(感染症蔓延)
  害虫・害獣・害鳥による被害

  ⑦天文現象
  隕石落下  太陽活動(フレアによる電磁波)
  (大規模停電  ライフライン停止  交通機能マヒ  ガソリン不足)

  ⑧事故・人災
  戦争  武力攻撃  テロ  暴動
  環境汚染  地盤沈下  原発問題  風評被害  
  (大規模停電  ライフライン停止  交通機能マヒ  ガソリン不足)

  以上複数の災害を挙げましたが、江戸川区において特に注意すべき
  は、「地震」「風水害」の対策や備えが、特に重要と考えられます。
  対策を考える場合には、地震や火災、洪水を一緒にせずに、しっかり
  分けて考えることが大切です。 
 ⇒上に戻る

 2.災害時要援護者への支援を考えよう!
災害は、いつ私達の生活を脅かすか予測ができません…。 
万が一、大規模な災害が発生した場合、高齢者や障がい者は自由に避難することが出来ません…。
例え元気な方であっても、手足を負傷した場合、また強度の近視の方がメガネを破損・紛失してしまえば一転不自由な環境におかれてしまいます。
普段なにげなく過ごしている日常を、防災の観点から今一度見直し、更に災害時に、援護・支援が必要な方達が「どんな所に不便を感じるのか」、「不安を感じるだろうか」などを考えてみてください。
そうすることで、きっと新たな「気づき」が見つかるはずです。 
  ~国が考えている「災害時要援護者」とは?~

 大規模災害が発生した時に、被害を受けやすいとされる方
 たちのことで、近年、「災害時要援護者」と呼ばれています。
 具体的には、「高齢者」や「障がい者」、「妊婦」や「乳幼児」、
 「難病や医療機器が必要な方」また「言葉に不自由な外国
 の方」なども含まれています。
 国としてもこうした要援護者に対して。自助・互助の視点から
 積極的な取組みがに行われるように支援を開始しています。
 ⇒内閣府「災害時要援護者対策」

 ⇒東京都「災害時要援護者対策に係る指針の改訂について」
 ⇒東京都「区部の防災関連サイト紹介」
 ⇒東京都「市町村部の防災関連サイト紹介」
 ⇒相模原市「災害時要援護者避難支援の取り組み」
 ⇒千葉県「災害時要援護者避難支援の手引き」
 ⇒横浜市「地域ぐるみで災害対策 災害時要援護者支援ガイド」


お年寄りや障害をもった方たちが、日常生活する上でどんな所に不自由を感じているのか、また大災害にあった場合、どんなことに支障が起きるのかなどを色々な角度から考えて見ましょう。 
  ・「目の不自由な方」     ・「耳が夫人な方」
  ・「車イス生活の方」      ・「半身マヒがある方」
  ・「医療機器が必要な方」   ・「難病を患っている方」
  ・「一人暮らしの高齢者」   ・「認知症を患っている方」 
  ・「知的障害のある方」    ・「妊婦や乳幼児を抱える方」
  ・「外国の方など言葉の不自由の方」 など
  日常生活の中で、どのような点が不自由になるのか。
                  ↓
  自宅内で、大地震や火災、水害などに遭遇したとき
  屋外で、大地震や火災、水害に遭遇したとき
                  ↓
  日頃の備えとして、どんな事が必要でしょうか?
  地域として出来ることは、どんな事があるのでしょうか?


阪神大震災では、なぜ高齢者
の被害が多かったのか…!?

平成7年(1995)1月17日の早朝に発生した「阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)」はお年寄りの被害がとても多かった大震災です。
犠牲となり亡くなった方のうち、70歳以上の方が全体の3分の1、60歳以上の方が全体の半数を占めています。地区によっては、犠牲者のうち8割がお年寄りという地域もあったそうです。
ではなぜ、犠牲者がお年寄りに集中したのでしょうか?

西宮や芦屋市内は「六甲おろし」で有名な風の強い地域性があり、その風害に備えて重い屋根瓦の住宅がとても多い地域でした。
高齢者の多くは住み慣れた建物で生活をしており、その住宅の老朽化も進んでいたと考えられます。また生活においては、高齢で足腰の弱った方は、必然的に1階で生活するようになります。

そうした中で、阪神淡路大震災が発生。
木造住宅が数多く倒壊し、2階がそのまま1階部分を押しつぶしてしまうということが多く、1階で就寝されるお年寄りがその犠牲になったといわれています。体力が衰えた寝たきりのお年寄りの場合、なすすべも無かったのではないでしょうか…。


 ⇒上に戻る

 3.平常時から準備しておくこと!
   日本介護支援専門員協会「災害対応マニュアル」平成21年3月より

  ①地域の方たちとの連携
  要援護者において、災害発生時に最も重要となるのは、近隣住民等の地域
  における支援活動です。
  日常業務においては、担当している利用者の地区の民生委員や町内会長
  等への挨拶を行い、そして緊急時には遠慮なく連絡ができるといった顔の
  見える関係作りが大切です。
  可能であれば、町内会長や民生委員などの連絡先及び利用者家族の携帯
  電話番号等の緊急時連絡先等を複数把握しておくと良いでしょう。
  ―こんなことがありました!―
  平成19年7月の新潟県中越沖地震の際、被災2日後に介護老人保健施設の自家
  発電が使用可能となり、電話による安否確認を行いました。
  しかし、多くの利用者は避難先を各事業者や行政に伝えないで避難しており、また
  自宅電話番号だけ把握しているケアマネジャーが多く安否確認や避難先の確認が
  困難でした。携帯電話の番号や複数の連絡先確認の必要性が課題となりました。

  ②利用者が暮らす地域の防災状況の確認
  自分が担当している利用者の被災時の避難場所などを含め、地域の防災
  情報を行政の防災担当課や地域包括支援センター等の窓口及び町内会長
  等から確認しておくと良いでしょう。
  これからの活動を通じ、いざという時にどこと連絡をとれば良いのかが把握
  できることにもつながります。

  ③避難場所等の情報共有
  ア、利用者が被災した場合に想定される避難場所、避難経路、避難方法等
    を利用者本人・家族等とも確認しあい、その旨を家の電話の脇等に貼っ
    ておくと良いでしょう。
    また、利用者の個別ファイルにも入れておきましょう。
    (高齢者世帯、一人暮らしの方は必須です。)

  イ、医療依存度の高い利用者や、重度の要介護状態の人の避難方法及び
    福祉避難所となり得る場所について行政に確認し、本人家族、サービス
    事業者等と共有しておくことが大切です。

  ④利用者台帳等の整理
  ア、利用者の一覧名簿は作成してありますか?被災した場合、ライフライン
    の断絶により、一時的にパソコンも印刷機もファクシミリも使用できなく
    なりますので、月に1回程度のタイミングで最新情報を紙に出力しておく
    ことが必要です。
    これは緊急時に地域包括支援センターなどとの情報共有を行う際にも
    必要になってきます。

  イ、利用者一覧表の中に、災害発生時、優先的に安否確認が必要な担当
    ケースがわかるようになっていますか?
    災害時要援護者登録制度に登録しているかどうかの確認、登録していな
    ければ登録するように勧めましょう。
    特に要介護3以上の居宅で生活する方や認知症の高齢者、一人暮らし
    及び高齢者のみの世帯には必要な制度です。
    (日中、一人暮らし、高齢者世帯を含む)
  埼玉県羽生市の災害時用援護者名簿登録制度より
  災害時要援護者名簿登録制度とは、地震や水害などの災害発生時に自力または
  家族の支援のみでは避難が困難な方が、事前に自分の情報を市へ登録する制度
  です。登録名簿を市、警察、消防と地元自主防災組織や民生委員の方々と共有し、
  災害時における避難の誘導や安否の確認などに活用するものです。 
  災害発生直後は、地域住民が協力しみんなで助け合う「共助」が必要になります。
  市は、災害時に備えて災害時要援護者名簿への登録の受付をしています。
  ウ、常に担当しているケースファイルには、住宅の地図や緊急時の連絡先
    主治医等の情報を入れてありますか?
    担当ではない介護支援専門員が見ても、利用者の基本情報が分かりや
    すいケース台帳を作成しておきましょう。
    また、医療依存度の高い個々の利用者の受け入れ先をケアプラン作成
    時に記入しておきましょう。
  ― こんな工夫をしています!―
  緊急時の連絡先や、主治医等の情報については、居宅サービス計画書第1表や
  第3表欄に緊急時の連絡先や主治医の情報も入れています。
  ⇒【総合的な援助方針・週単位以外のサービス】欄の参考記載例
  緊急連絡先 長男TEL ○○-○○○○ 携帯○○○○○○  
  主治医 ○○先生 TEL○○-○○○○  民生委員 ○○氏 ○○-○○○○
  (避難所 ○○区民館 ※町内会長さんが誘導してくれる。)

  ⑤ケアプランの作成
  アセスメントの情報やケアプランをファイル化しておき、服薬情報等や必要
  なサービスが迅速に確認できるようにしておきましょう。
  特に病気によっては、服薬をしないで症状が悪化してしまうことがあるので、
  常に持つバックなどにいくつか薬を入れておくなど、利用者や家族と話し合
  っておくことも良いでしょう。
  また特別な処置が必要な利用者の場合には、そのことも分かる内容を書い
  たものをファイルの中に入れておくと良いでしょう。

  ⑥職員間の連絡方法の取り決め
  ア、事業職員ならびに職員家族の被災状況を確認し、事業継続がどの程度
    可能か見極めるためには、いざとなったときの職員間の連絡方法を定め
    ることが有効です。

  イ、被害が甚大で、連絡手段が機能しない災害の場合には、自発参集等の
    取り決めをしておく必要があります。 
    ※(「自発参集」の例…震度5以上の揺れがあり、連絡できない場合は、
    事業所若しくは別に定められた場所に自発的に集合する等。)

  ⑦サービス提供困難時の対応
  小規模事業所等の介護支援専門員自身が被災し、サービス提供が困難に
  なった場合には、責任をもって利用者対応できる体制を考えておきましょう。

  ⑧避難行動支援
  認知症の方は、環境の大きな変化が起こるとダメージを受けやすいので、
  特に対応についての配慮が必要となります。
  ― こんなことがありました!―
  新潟県中越地震で起こった水害で亡くなった一人暮らしの女性。 
  女性は認知症で、まもなく施設に移る予定でした。水害発生の直前までヘルパーが
  来ていましたが、発生時は他の利用者を尋ねており、その避難を助けていました。
  一方、浸水が比較的かるい段階で女性の安否を気づかった近所の人が様子を見に
  訪れ2階に女性を連れて行き、そこにとどまるように伝えていました。しかし、女性が
  認知症だとは知らず自宅の浸水に対処するために帰宅しました。
  その後、女性は自ら降りていったのか、1階でおぼれて亡くなっているのが見つかり
  ました。 わずかなタイミングのずれ等が女性の死につながっていました…。

 ⇒上に戻る
4.防災に関する情報倉庫
(防災全般に関する資料)
⇒江戸川区 「江戸川区地域防災計画」 
⇒江戸川区公式ツイッターアカウント「edogawa_city」
⇒江戸川区 「区内の避難場所等」
⇒江戸川区 「避難所・避難場所の検索」
⇒江戸川区 「災害時の給水所・応急給水槽所在地」
⇒江戸川区 「災害用伝言ダイヤルの活用方法」
⇒江戸川区 「災害時の防災連絡先一覧」
⇒内閣府 「中央防災会議」(内閣府防災情報)
【ダウンロード資料(PDF)】
⇒江戸川区 「全図防災マップ」(PDF)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。⇒江戸川区 「小松川地区」防災マップ(PDF)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。⇒江戸川区 「中央地区」防災マップ(PDF)
⇒江戸川区 「葛西地区」防災マップ(PDF)
⇒江戸川区 「小岩地区」防災マップ(PDF)
⇒江戸川区 「東部地区」防災マップ(PDF)
⇒江戸川区 「鹿骨地区「防災マップ」(PDF)
⇒江戸川区 「安全確保のため避難の知識を身につけましょう」(PDF)
⇒江戸川区 「みんなで要援護者の方々を支援しましょう」(PDF)
⇒江戸川区 「わが家の避難する所メモ」(PDF)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。⇒江戸川区 「わが家の防災メモ」(PDF)
⇒江戸川区 「避難所開設・運営マニュアル」(PDF)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。⇒江戸川区 「応援職員受入マニュアル」(PDF)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。⇒江戸川区 「災害ボランティアセンター運営マニュアル」(PDF)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。⇒江戸川区 「応急給水マニュアル」(PDF)
(地震に関する資料)
⇒東京都都市整備局「第7回地震に関する地域危険度測定調査」
⇒江戸川区 「東京都耐震マーク」交付のお知らせ」
⇒江戸川区 「住宅・建築物の耐震化助成制度」

⇒江戸川区 「耐震改修促進計画の策定」

⇒江戸川区 「家具の転倒防止ボランティア」

【ダウンロード資料(PDF)】
⇒建物倒壊危険度ランク図(PDF)
⇒火災危険度ランク図(PDF)
⇒総合危険度ランク図(PDF)
⇒災害時活動困難度(PDF)
⇒災害時活動困難度を考慮した建物倒壊危険度ランク図(PDF)
⇒災害時活動困難度を考慮した火災危険度ランク図(PDF)
⇒災害時活動困難度を考慮した総合危険度ランク図(PDF)
⇒江戸川区 「液状化の予測図」(PDF)
⇒江戸川区 「大地震に備えて」自分たちのまちは自分たちで守る(PDF)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。⇒江戸川区 「防災ハンドブック」(PDF)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。⇒江戸川区 「防災用品のあっせんカタログ」表面(FDF)
ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。⇒江戸川区 「防災用品のあっせんカタログ」裏面(PDF)
⇒東京ガス 「災害時のガス利用ガイド(復旧方法)」(PDF)
(風水害に関する資料)
⇒国土交通省河川局 災害の記録 水害対策を考える

⇒江戸川区 「江戸川区の地形とスーパー堤防構想」
⇒江戸川区 「スーパー堤防について」
⇒江戸川区 「スーパー堤防のQ&A」
⇒江戸川区 「スーパー堤防整備方針(平成18年12月)」
⇒江戸川区 「わたしたちの暮らしを守るスーパー堤防(映像)
【ダウンロード資料(PDF)】
⇒洪水ハザードマップを活用しましょう(PDFKB)
⇒洪水予報・避難情報などの災害に関する情報に注意しましょう(PDF)
⇒日ごろから水害に備えましょう(PDF)
⇒避難する時は注意しましょう(PDF)
⇒洪水避難時の歩き方 ・地下施設の危険性(PDF)
⇒自然災害の脅威を認識し、洪水に備えましょう(PDF)
⇒江戸川区の地形について知りましょう(PDF)
⇒洪水が起きる要因を理解しましょう(PDF)
⇒堤防が決壊した時のことを常に考えましょう(PDF)
⇒江戸川区の水害対策(PDF)
⇒江戸川区複合災害(地震・高潮・洪水)対策リーフレット①(PDF)

⇒江戸川区複合災害(地震・高潮・洪水)対策リーフレット②(PDF)

⇒江戸川区複合災害(地震・高潮・洪水)対策リーフレット③(PDF)
⇒江戸川区複合災害(地震・高潮・洪水)対策リーフレット④(PDF)
⇒利根川水系江戸川浸水想定区域図(PDF)
⇒荒川水系荒川浸水想定区域図(PDF)
⇒江戸川区 「堤防に守られているゼロメートル都市」(PDF)
利根川水系江戸川の氾濫による浸水想定区域(PDF)
荒川水系荒川の氾濫による浸水想定区域(PDF)
 ⇒上に戻る
利用及びリンク    |   よくある質問   |   お問い合わせ   |   サイトマップ   |    リンク  
 Copyright (C) 2012 Carefree Corporation. All Rights Reserved